お歳暮

取引先の企業にお歳暮を贈る場合の相場って?

お歳暮といえば、1年間の感謝の気持ちを込めて贈るものですが、それは例えば、両親や義理の両親、さらには会社の同僚や上司、仲人、友人・知人といった個人から個人hというパターンを思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、実際にはこのようなパターンだけでなく、自営業の方や会社を経営されている方などにとっては、例えば日頃から取引をしている業者の方へお歳暮を贈るというケースも当然あると思います。その際のお歳暮の相場とはどのくらいなのでしょうか。

例えば、その取引先の重要度や利益高、取引高などの基準で、高いものであれば1万円前後、低いものであれば3000円程度とランク分けをするのも一つの手だと思います。このような基準を設けていれば、お歳暮を選ぶ際も、決定しやすいというメリットもあるのです。

また、個人間でのお歳暮は、贈られる側からお返しをするということは通常ではありません。しかし、企業間でのお歳暮をやり取りする場合は、相手も同じようにお歳暮を贈ってくるケースも多々あります。そのため、贈り贈られで相手に気を遣わせることがないように、ある程度の金額で抑えておくなり、相手のお歳暮を参考に価格を決めるというのも一つの方法であるといるでしょう。

お歳暮を贈る際の相場ってどのくらいなの?

毎年、お歳暮の時期になると、今年は何を贈ろうかと考えるものです。そして、初めてお歳暮を贈る相手もいらっしゃる場合も多々あることでしょう。そんなとき、何を贈れば喜んでもらえるかということとともに、一体いくらくらいの品物を贈れば良いのかと悩んでしまうことでしょう。今から自分自身が贈ろうとしているお歳暮では安すぎるのか、それとも高過ぎるのか…お歳暮は気持ちの問題と思いつつも、やっぱり相場が気になるものです。

一般的にお歳暮の相場は贈る相手が誰かによって多少の差があります。例えば、日頃からお世話になっている両親や、結婚されている方なら義両親も含めると、その相場は5000円を超える程度が相場といえるでしょう。同居していれば、当然お歳暮は不要ですが、別居している場合は必要であるといえるでしょうし、日頃の感謝と言う意味合いでは最も高めの設定となります。また、日頃からお世話になっている会社の上司や友人にお歳暮を贈る場合は3000円から5000円程度が相場といえます。また、結婚式を挙げたばかりの新婚さんで、結婚式に仲人を立てた場合は、その方にもお歳暮が必要でしょう。その相場も3000円から5000円程度とされています。

関東と関西とで、お歳暮に違いはあるのですか?

毎年、日頃からお世話になっている方へ感謝の気持ちを込めて贈るのがお歳暮ですが、実はこのお歳暮に関しては関東と関西では多少風習が異なる部分があります。もし、関東にお住まいの方で関西方面にお歳暮を贈る場合、もしくは逆に関西にお住まいの方が関東方面にお歳暮を贈る場合は、そんな風習の違いに気を配ることで、より相手に喜んでもらえるお歳暮となるのです。

例えば、お歳暮の内容に関してですが、関東と関西では贈る件数が若干異なります。関東では一言で言えば「広く浅く」といったところ。つまり、贈る件数は非常に多いのですが、その分1件当たりの単価を安く抑えているということです。しかし、関西では「狭く深く」なのです。つまり、贈る件数を最低限までに絞り込みますが、そのかわりちょっと豪華なものを贈るという指向があります。

また、お歳暮を贈る時期についても若干ではありますが差があります。関東の場合は12月に入ったころから、関西では12月13日頃からがいいとされています。お歳暮が届くべき時期は12月いっぱいなのは変わりがありませんが、スタート時期に関しては関東のほうが若干早めとなっています。

関東と関西では文化が異なります。そのため、お歳暮に関しても、その考え方が若干異なりますが、基本的に日頃の感謝の気持ちを込める点では同じであり、それが一番重要なポイントなのです。

付き合いのない方からお歳暮が届いた場合はどうすれば良い?

毎年、年末になると頭を悩ませるのがお歳暮ではないでしょうか。日頃からお世話になっている人に贈るお歳暮だけに、ぜひとも喜んでほしい…そんな一品を選ぶのに、やはりどれにしようかと思い悩むため、時間がかかってしまうものですよね。

ところで、今からお歳暮を贈ろうとしている方は、本当に贈る必要がある方なのかを購入前にもう一度、確認した方がいいでしょう。贈られた側が「何でこの人からお歳暮が来てるんだろう?」とか、「もう何年も会ってないのに、お歳暮をいただいても…」と思ってしまっては、気を遣わせてしまうばかりです。

もし、お歳暮をいただくべきではないと考えている方からお歳暮を受け取った場合、ただ無下に断ってしまうのも、せっかくの感謝の気持ちを拒絶しているようで、申し訳ない気持ちになる方も多いでしょう。そこで、あまり付き合いがないのにお歳暮が来る場合には、その方に向けてのお礼状に一筆、「今後はこのようなお心遣いは無用です」といった文面を書くことで、やんわりとお歳暮をお断りすると、相手にも失礼にならないかと思います。お歳暮を受け取る側から断るのも心苦しいところがありますが、相手に余計なお金を使わせてしまうより、お礼状に一筆書き加えておく方が望ましいといえるでしょう。

お歳暮選びをする際に重要なポイントってありますか?

今年一年の感謝の気持ちを品物に込めて贈るのがお歳暮です。しかし、相手に喜んでもらうためには何を贈ればいいのだろう…と思い悩むことも多いかと思います。そんなとき、店頭によく並んでいる定番商品を贈れば、まず間違いなく喜んでもらえるだろう…そう考えていると、大きな失敗につながりかねません。大切なのは、贈る方がどのようなものが好きか、そして逆に苦手なものは何かを事前に知っておくことなのです。

例えば、産地直送の高級な魚介類を直接自宅に配送してくれるお歳暮を見つけたので、「これは喜ばれそうだ!」と思い、贈ってはみたものの、じつは贈り先の方は魚介類が苦手だった…という場合、相手の気持ちを損ねてしまうことになってしまいます。感謝の気持ちを込めているのに、逆効果になってしまうこともあるのです。

これは、お酒を贈る場合でも同じです。確かに年末のデパートではお歳暮の商品としてビールが定番となっていますが、もし贈り先の方がお酒が一滴も飲めない方であったら、ビールをもらっても困るばかりでしょう。

このように、確かにお歳暮は気持ちを込めて贈ることに意味があり、品物は二の次…と表向きでは思うかもしれません。しかし、相手に喜んでもらうためには、事前に「お酒は飲めるか」、「家族は何人か」、「好きなもの、嫌いなものは」などを知っておくことで、より相手に喜ばれるお歳暮を贈ることができるのです。

年配の方へのお歳暮って何を贈れば喜ばれますか?

毎年、年末を迎えた際に考えなければならなくなるのがお歳暮でしょう。今年一年間でお世話になった方々への感謝の気持ちを込めて贈るのがお歳暮ですが、毎年のことになると、何を贈ったらいいのかで悩んでしまうことも多々あることでしょう。

また、若い方が初めてお歳暮を贈る場合に、特に年配の方に何を贈ればいいかと悩むことも多いのではないでしょうか。若い方が同じ世代の方にお歳暮を贈るのであれば、趣味や思考が似通っていることもあり、決めやすいのかもしれません。しかし、世代が大きく違うと、何を贈ったら喜んでもらえるのかと、思わず考え込んでしまうことでしょう。

ご年配の方にお歳暮を贈る場合、一番喜ばれるのが食品や嗜好品のようです。例えば、ビールやコーヒーはご年配にも喜ばれるお歳暮として人気を集めています。また、高級フルーツも人気のお歳暮のひとつであるようです。お菓子よりもフルーツの方が喜ばれる傾向が強いようです。また、お漬物や明太子なども人気があります。

このように、確かに若い世代の方とは人気のランキングが多少は変わりますが、大きく変わることはありません。それよりも、喜んでもらえそうな品物を選ぶ、そしてその気持ちが大切なのです。

ちょっと変わったお歳暮を贈ってみたいんだけど・・・?

毎年、お歳暮の時期になると、「今年は何を贈ればいいかしら」と頭を悩ませてしまうものですよね。ハムやソーセージ、ビールなどなど…結局は毎年に多様なものになってしまっているので、贈った相手に「また同じものが贈られてきた」などと思われていないか、ちょっと不安になったりもします。何か変わった、そして喜ばれるお歳暮はないかとお思いの方も多いことでしょう。

そこで、例えば和菓子などはいかがでしょうか。近年ではインターネットを使っての通販で、お歳暮の配送が行われるようになって来ましたが、例えば老舗の和菓子店が多い京都の名店から、直接、相手の方に和菓子を贈ってくれるという通販サービスを行っているところもあります。お正月に彩りを与えてくれる和菓子は、お歳暮にピッタリの一品といえるのではないでしょうか。気品あふれる京都の和菓子をお歳暮に…ハイセンスな印象を与えてくれます。

また、毎年のようにハムやソーセージ、牛肉ばかりでは飽きられてしまうのでは…とお悩みの方の場合、贈る方の好みにもよりますが、近年では馬刺しのセットというものも販売されています。馬刺しといえば九州は熊本の名産品として知られていますが、新鮮な馬刺しを現地から贈り先に直送してくれるというお歳暮もあるので、ちょっと替わったお歳暮を…とお考えであれば、大変オススメです。

ビール以外に、何か良いお歳暮ってありますか?

お酒が好きな方へのお歳暮によく見られるのが、やはりビールでしょう。お正月を控えた時期に贈るものだからこそ、やはり美味しいビールで新年のお祝いをしてほしい…そんな気持ちを込めて、ビールを贈る方は多いようです。目下、ビールはお歳暮の定番としても定着するとともに、年末になるとビールのお歳暮のコマーシャルをテレビで見かけることも多いのではないでしょうか。

しかし、「毎年、ビールばかりでも代わり映えしないような…」と思ってしまうことってありますよね。ビール党の方に贈るのであれば、お歳暮は毎年ビールでというのもアリだとは思うのですが、いろんなお酒をのむ酒好きの方へのお歳暮では、やはりアレンジを加えてみるというのも面白いと思います。

例えば、洋酒が好きな方やイタリアンが好きな方に贈るのであれば、ワインのセットというのも喜ばれるかと思います。様々な国で醸造されたワインがセットになっているお歳暮も販売されています。1種類のワインを贈るのもいいですが、いろんなワインを飲み比べしてみるのも良いでしょう。また、日本酒のお歳暮というのもあります。ご年配の方には美味しい日本酒をお正月の「おとそ」に一杯楽しんでほしいという思いを込めて、お歳暮として贈るのもオススメです。

お酒好きの方へのお歳暮は、ビールだけに限らず、ワインや日本酒、さらには焼酎など、様々なアレンジを加えてみるのも、喜ばれる一つの秘訣だといえるでしょう。

会社の上司や社長へ贈るお歳暮の相場は?

日頃、お世話になっている方へ感謝の気持ちを込めて贈るお歳暮は、1年の総決算といえる行事といえるでしょう。ふと1年を振り返ってみると、たくさんの方々に支えられてきたかと思います。その中でもとりわけ、感謝の気持ちを品物に替えて示したい…そう思う方もいらっしゃるでしょう。

例えば、ご結婚されている方にとっては義理のご両親もそうでしょう。また、会社に勤務されている方にとっては上司や会社の社長なども当てはまるかと思います。義理のご両親ともなると、やはりお歳暮の相場も高くなるものですが、会社の上司や社長ともなると、安いものは贈れませんし、かといって高すぎるのも、懐事情との兼ね合いがあることでしょう。

会社の上司や社長にお歳暮を贈ろうとした場合、その相場はだいたい3000円から5000円程度とされています。また、実際にお歳暮を贈る際は、その上司や社長の家族構成、さらにお酒を贈ろうとしている場合は、お酒が飲める人なのかどうか…そういった点も考慮しながら、お歳暮を決めていく必要があります。相場はあくまでも平均値でしかありませんが、だいたいこの程度の金額で贈れば、失礼はならないということを念頭に入れておけばいいかと思います。

お歳暮を喪中の方に贈るのは問題ないのでしょうか?

年末が近づいてくるとお歳暮のことが気になってくるものです。今年一年間でお世話になった方々への感謝の気持ちを込めて贈るのが、そもそものお歳暮の目的です。そのため、まずはどの人にお歳暮を贈るのかをリストアップする作業から始め、その後、どの程度の予算で、何を贈るのかを検討していきます。

さて、そんなリストアップの作業をしていると、その年に贈る予定の方々の中に、喪中の方がいた場合はどうしたら良いのか迷ってしまうことでしょう。一般的に、年賀状は喪中の場合、送ることが出来ません。そのため、お歳暮も年賀状と同じで、喪中の場合は贈ってはいけないのではないか…と迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

実は、お歳暮の場合は、喪中は関係がないのです。それは年賀状はあくまでも新年のお祝いの意味を込めて贈られるのですが、お歳暮は日頃の感謝を込めて贈るという点で異なっているのです。つまり、あくまでも感謝の気持ちを伝えるのですから、喪中は関係なく、お歳暮を贈ることができるのが通例となっているのです。しかし、四十九日の法要を行う前の忌中である場合は、忌明けに贈るなどの配慮をした方が良い場合もあるので注意しましょう。

このページの先頭へ